士業(税理士、社会保険労務士、行政書士、司法書士など)の方のマーケティングに役立つコンテンツを掲載:アンドレ・ビジネス・コンサルティング

特徴を捉えろ!

ソーシャルメディアにも特徴がある

日本ではmixiが元祖と言えるのでしょうか?今では様々なソーシャルメディアが利用される時代となりました。ソーシャルメディアというぐらいですから基本はやはり個人でしょう。以前なら企業が多くの時間とコストを費やして行っていたようなことを個人のレベルで、ほぼ無料でできるようになり、毎日膨大な情報が発信されるようになりました。

誰でも気軽に様々なソーシャルメディアを活用できるようになったのは素晴らしいことですが、これをビジネスに活用したいと考えるのならやはり見極める必要があるでしょう。それぞれの特徴を捉えて、その特徴を活かすような情報発信をしなければ乱立している時代には埋もれてしまいます。

 

メディアの特徴を捉えると流れが見えてくる!

そうしてソーシャルメディアの特徴を捉えられるようになると全体の流れが見えてくるようになってきます。たとえ一つのソーシャルメディアしか活用しないとしても流れを意識できるようになるでしょう。逆に言えばこの流れを意識できない限りは単発の打ち上げ花火のような状態になってしまうということです。

区分がソーシャルであれなんであれ、そこに介在するのは「人」そのものです。普段の暮らしの中で人は自分の関心の赴くままに考え、行動しているのと同じで、それがネット上であっても変わることはないでしょう。頻繁に訪れる場所がある一方で数年に一度しか行かない場所があったり、毎日食べる定食屋さんがある一方で年に一回の記念日にしか利用しないレストランもあります。そこには人の流れがあり、流れを作っている意識があると考えましょう。

ではあなたが使っているソーシャルメディア、使おうとしているソーシャルメディアにはどこから人がやってきて、その人たちがどこに流れていくのでしょう?ここを注意深く考えるとソーシャルメディアを活用する価値が生まれてくるといいます。

ソーシャルメディアは単発の打ち上げ花火のように活用するものではありません。活用したいメディアの特徴を捉えて全体の流れの中に組み込んでいきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加